CHECK

もっと知りたい方に読んで欲しい!日本酒のお役立ち情報をより詳しく解説します

このサイトはもっと知りたい方に読んで欲しい、日本酒のお役立ち情報をより詳しく解説しています。
理解を深めて美味しいお酒を楽しく飲みたいというのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
味の決め手になる酵母菌には、きょうかい酵母があります。
酵母菌にもこだわってお酒を飲みたい場合には注目したいところです。
また無濾過や原酒生酒などの名前は、蔵元の拘り続けた製法を表しているのが特徴です。
名前にも注目をして飲み比べても楽しめます。

もっと知りたい方に読んで欲しい!日本酒のお役立ち情報をより詳しく解説します

日本古来の製法で造られた日本酒についての情報をもっと知りたいという人は多いのではないでしょうか。
日本酒はギフトにも適したお酒で、選ぶときにはちょっと良いお酒を選ぶのがポイントです。
2本セットにして贈ることが多い理由は、元々お祝いに選ばれることが多かった角樽のかたちに似ているからです。
お祝い用の日本酒はお正月や結婚式、そのほか様々なお祭りなどにも飲むことがあります。
イベントや行事には取り入れてみると良いでしょう。

美味しい日本酒ができるまでにはいくつもの工程がある

美味しい日本酒を造るための最初で重要な工程は、精米です。
お酒を造るのに最も適したお米は、脂質やたんぱく質などお酒の雑味となる成分が少ないものであるため、雑味となる成分が多く含まれる玄米の表層部分を取り除く必要があるのです。
次の製造工程は、水で洗って米糠を洗い流す洗米と、適量の水分を吸収させるために水に浸す浸漬です。
日本酒造りにおいて、お米に吸収させる水分が適量であることは非常に重要なポイントで、次の「蒸し」と呼ばれる工程以降の作業にも大きな影響を与えると言われています。
約1時間高温で蒸してできた蒸米を適温まで冷ましたら、次は製麹と呼ばれる作業に入ります。
この作業は美味しい日本酒を造るために最も重要であると言われる製造工程で、蒸米を30度前後の?室に移し、約2日間をかけて麹に仕上げていくのです。
その後、酵母を加えて日本酒のもととなる酒母を造り、もろみ仕込み、もろみ発酵という過程を経て造っていきます。

日本酒を販売する場合に原料などの情報をラベルに表記することは法律で決められている

日本酒には特定名称酒や普通酒、一般酒の3つの分類がありますが、特定名称酒には吟醸酒・本醸造酒・純米酒の3つがあり、本醸造酒は本醸造と特別本醸造の2つ、吟醸酒には吟醸と大吟醸の2つ、純米酒には純米と特別純米の2つがあり、さらに純米酒と吟醸酒の特徴がある純米吟醸や純米大吟醸、8種類に分類が行われいます。
日本酒を選ぶとき、瓶の正面に貼り付けられているラベルを見て銘柄を知る、銘柄で選ぶ人も多いのではないでしょうか。
吟醸酒には吟醸および大吟醸の2つがあるわけですが、低温でじっくり発酵されるなどの共通点があるのですが大きな違いは精米歩合と呼ばれるものです。
精米歩合とは、玄米から表層部を削った米でもある精米して残ったお米の割合をパーセントで表示したもので吟醸酒は60%以下で大吟醸酒は50%以下といいます。
また、これらの精米歩合はラベル表記に関する法律があり、吟醸の日本酒で精米歩合が60%以下ではないものはラベルに吟醸などの表記ができません。

日本酒は糖化とアルコール発酵が同時に行われてできる

寿司や刺身、唐揚げなど色んなお料理にマッチするお酒といえば日本酒です。
われわれ日本人の主食である米から作られており、色んな味わいで楽しむことができます。
この日本酒を表現する言葉があれば、それは発酵飲料となるでしょう。
世界各地にさまざまなアルコールがありますが、そのなかでも日本酒は他では類を見ない製法で生み出されているものです。
その製法とは発酵であり、味噌や醤油と同じように一定期間醸造をすることになります。
これによって芳醇でまろやかな味わいを堪能できますが、それは糖化とアルコール発酵が同時におこなわれていることで体感できる貴重な味です。
2つ同時におこなわれることを並行複発酵と言い、麹菌の働きで実現できた製法になっています。
並行複発酵をおこなうには気温・湿度調整をしないといけないのですが、それを日本酒作りで担われている方を杜氏と言います。
機械化をすることは不可で、今でも人の手で発酵をなされているところです。

美味しい日本酒を作るためには微生物の助けが必要

日本酒の作り方は、まず精米を洗って蒸しておきます。
次に麹菌を麹室で振りかけて繁殖させ、米のでんぷんをブドウ糖に変えたり日本酒の甘みうまみを引き出す働きのある「麹」を作ります。
それに麹によって作られるブドウ糖をアルコールに変えてお酒を造る、「酵母」を繁殖させることでできた「酒母」も必要とします。
蒸した米と麹それと酒母に水を加えて、「もろみ」を作り3週間ほどじっくりと発酵させたら「もろみ」を絞り、絞られた液体をろ過したものが日本酒です。
しかしそこで終わりではなく、それ以上発酵が進むのを防ぐことと殺菌をするために、60度以上の熱で処理をします。
それは「火入れ」といわれるものです。
火入れをすれば乳酸菌の一種の火落菌がいなくなり、乳酸菌による酸化を止めることができます。
火落菌以外にも微生物が存在するので、貯蔵する前に火入れをすることが大切です。
火入れをしたお酒を水で割れば清酒の完成です。
酵母がアルコール発酵するときに「硝酸還元菌」という微生物が増殖するのですが、その菌は水に含まれる硝酸塩を亜硝酸にする働きがあります。
亜硝酸は害のある細菌を死滅させるので、硝酸還元菌が多く含まれる水ほど日本酒には良いといわれています。

日本酒に関する情報サイト
日本酒のお役立ち情報

このサイトはもっと知りたい方に読んで欲しい、日本酒のお役立ち情報をより詳しく解説しています。
理解を深めて美味しいお酒を楽しく飲みたいというのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
味の決め手になる酵母菌には、きょうかい酵母があります。
酵母菌にもこだわってお酒を飲みたい場合には注目したいところです。
また無濾過や原酒生酒などの名前は、蔵元の拘り続けた製法を表しているのが特徴です。
名前にも注目をして飲み比べても楽しめます。

Search